[PR] 広告チラシ Movie House 洋画

DVDを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場


チャーリーとチョコレート工場 特別版夢の世界の様な映画。
ティム・バートン、ジョニー・デップのコンビです。いつも楽しませてくれますね。夢を見せてくれます。鮮やかな色の中で俗世間とは離れた世界が回っています。歌も凄くいいー感じ。すっごい鮮やかな童話。
気持ちよく心に流れ込んでくるチョコレートのような作品です。



監督:ティム・バートン
脚本:ジョン・オーガスト
音楽:ダニー・エルフマン
製作:ブラッド・グレイ
原作:ロアルド・ダール
撮影:フィリップ・ルースロ
製作総指揮:ブルース・バーマン、パトリック・マコーミック、フェリシティー・ダール
出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィッド・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター、クリストファー・リー、ジュリア・ウィンター、ジョーダン・フライ、アナソフィア・ロブ、フィリップ・ウィーグラッツ、ディープ・ロイ、ノア・テイラー、ジェイムズ・フォックス


詳細はこちら

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード


ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション知的探究心が疼く映画。
世界的に話題になったダン・ブラウンの原作を忠実に再現。この作品に限った事ではないんですが、原作の本が存在する映画は原作を読んでから映画を見る事をお勧めします。
原作には謎とその解決の過程が映画よりも相当詳しく描写されていますが、映画版はかなりテンポが速くて一度見ただけではわかりにくい方もいるかもしれません。原作読んでなかったら何がなんだかわからないまま終わってしまう映画かもしれません。
一部物議を醸した内容ですが、聖書を読んだ事がある人なら多少なり興味深く感じるであろう要素が沢山出てきます。信仰深いクリスチャンや研究者の間ではよく知られている事でもあるらしいんですけどね。
全て事実に基づいた内容という事もあり、ワクワクさせてくれる映画です。


監督:ロン・ハワード
音楽:ハンス・ジマー
製作:ブライアン・グレイザー、ジョン・キャリー
原作:ダン・ブラウン
製作総指揮:トッド・ハロウェル
脚色:アキヴァ・ゴールズマン
出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ、イアン・マッケラン、ポール・ベタニー、アルフレッド・モリーナ


詳細はこちら

Vフォー・ヴェンデッタ

Vフォー・ヴェンデッタ


Vフォー・ヴェンデッタ心に変化を与えてくれる映画。
一人の力ではどうにもできない事ってありますよね。突破口を作る力を持ってる人はいるものです。カッコいいんです。
個人的には妙な映像効果とかがあまり気に入らなかったんですけどね。内容は好きでした。群集の大行進のシーンが一番印象に残ってます。好きです。
ナタリーも好きです。


監督:ジェームズ・マクティーグ
脚本:アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー
原作:アラン・ムーア、デヴィッド・ロイド
製作総指揮:ベン・ワイズブレン
製作:ジョエル・シルヴァー、アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー、グラント・ヒル
撮影:エイドリアン・ビドル
美術:オーウェン・パターソン
音楽:ダリオ・マリアネッリ
衣装:サミー・シェルドン
特撮:ウリ・ネフツァー、ダン・グラス
出演:ナタリー・ポートマン、ヒューゴ・ウィービング、スティーヴン・レイ、スティーブン・フライ、ジョン・ハート、ティム・ピゴット・スミス、ルパート・グレイブス、ロジャー・アラム、シニード・キューザック、ナターシャ・ワイトマン、ジョン・スタンディング、エディ・マーサン


詳細はこちら

ダンサー・イン・ザ・ダーク

ダンサー・イン・ザ・ダーク


ダンサー・イン・ザ・ダーク ◆20%OFF!哀しい、哀しい映画。
ビヨーク演じる母親セルマが息子の為に、人の為に、と生きる様を描いた作品。この映画以上に哀しみを伝える映画に僕はまだ出会っていません。視力を失っていくセルマは純粋に人を信じ、純粋に力を尽くす…しかし彼女は幸せになれない…世界の哀しさを美しい音楽と共に伝えています。
心に穴が開く程の哀しみを伝える映画です。


監督:ラース・フォン・トリアー
脚本:ラース・フォン・トリアー
製作総指揮:ペーター・オールベック・ヤンセン
製作:ヴィベケ・ウィンデロフ
撮影:ロビー・ミューラー
音楽:ビヨーク
出演:ビヨーク、カトリーヌ・ドヌーヴ、デヴィッド・モース、ピーター・ストーメア、ジョエル・グレイ、ヴィンセント・パターソン、カーラ・セイモア、ジャン・マルク・バール、ブラディカ・コスティク、ジョブハン・ファロン、ゼルイコ・イヴァネク、ウド・キアー


詳細はこちら

ライフ・イズ・ビューティフル

ライフ・イズ・ビューティフル


ライフ・イズ・ビューティフル人としての愛と悲しみの映画。
僕にとっては本当に大切な映画です。喜びに満ちた生活から悲劇の中心へ…悲劇の中でも喜びを忘れず、愛する息子に夢と喜びを与え続けるグイド。その生き様が全てを物語ります。
彼の愛をもっと多くの人が共有できたなら、きっと世界はもっと良くなります。笑いが生む喜びの世界。嘘が生む喜びの世界。
揺るがない人間の愛を描いた映画です。


監督:ロベルト・ベニーニ
製作:エルダ・フェッリ、ジャンルイジ・ブラスキ
脚本:ロベルト・ベニーニ、ヴィンセンツォ・セラミ
撮影:トニーノ・デリ・コリ
美術:ダニーロ・ドナーティ
衣装:ダニーロ・ドナーティ
音楽:ニコラ・ピオヴァーニ
出演:ロベルト・ベニーニ、ニコレッタ・ブラスキ、ジョルジオ・カンタリーニ、ジュスティーノ・デュラーノ、セルジオ・ブストリック、マリサ・パレデス、ホルスト・ブッフホルツ


詳細はこちら

«  | HOME |  »

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

彩雲

Author:彩雲

ようこそ!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。