[PR] 広告チラシ Movie House ALWAYS 三丁目の夕日

DVDを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALWAYS 三丁目の夕日

ALWAYS 三丁目の夕日


ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版昭和の空気を感じられる映画。
僕は邦画はあまり好んで見ない方なんですが、この作品には胸を打ち抜かれました。昭和という時代を数年しか生きていない僕でもわかります。昭和の空気を感じます。人の温かさ、生き様、考え方、全てが昭和です。平成育ちの僕が言うのもおこがましい気はしますが、昭和とは、良き時代です。生き生きと上を目指していく大人。のびのび育つ、自分の足で前進する子供。何気ない台詞の一言が、胸に突き刺さります。本当に何気ない一言。それが心の中で響き渡るのです。
温かい、大切にしたい作品。


監督:山崎貴
原作:西岸良平
脚本:山崎貴、古沢良太
音楽:佐藤直紀
出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、マギー、温水洋一、神戸浩、飯田基祐、小木茂光、益岡徹、小日向文世


詳細はこちら

スポンサーサイト

コメント一覧

TB辿りできました。

本当に、日本の原風景という感じの空気感がよかったですよね♪
この辺の空気感って、水木しげるサンや武田鉄矢サンなどの自伝でも描かれていますが、ALWAYSを気に入られたのだったら、椎名誠さん原作の「白い手」も映画化されていて素敵ですよ。
私もこんな時代に子供でいられたら、もう少し素直な人間になっていられたかも(●´ω`●)ゞ

はじめまして

 「生きる事は生かす事」のremainsともうします。
 この度はトラックバック頂きありがとうございます。
 付きましては、gooのブログはミラーサイトですので
 ライブドアブログの本サイトにこちらのTrackBackをつけさせて頂きますね。
 これからも、良い映画をどんどんご紹介くださいませ。
 ありがとうございました。

こんばんは

TBありがとうございます。
この映画、自分にとっては非常に大事なものとなっています。
やはりよく出来てるし、感動的ですらありました。
米アカデミー賞外国語映画部門へのノミネーションを目指す日本代表作品に『フラガール』が決まったようですが、オイラとしては『Always 三丁目の夕日』だろうと思っていました。
まあ、これは詮無き事ではありますが......。

トラックバックありがとうございます。

良い映画を紹介していらしゃるブログのようですね。
頑張って下さい。

TBありがとうございました

はじめまして。TBありがとうございました。
僕も邦画はあまり見ない方ですが、この映画はよかったですね。秋の夜長、繰り返し見たいと思います。

TBありがとうございました。
心の豊かさを考えた映画でした。
裕福ではないからこそ、育った気持ちがそこにはあって。
大切な誰かを抱きしめたくなるような、ほっこり暖かい映画でした。

TB感謝します

はじめまして、TBありがとうございました。
「平成育ちの・・・」と書かれていたので驚きました。いい映画というのは、観る人を特定させるものではないのですね・・・その事実に私は感動しました。
ありがとうございます、今後とも宜しくお願い致します。

遅くなりましたが、TBありがとうございました。
時々ではありますが、拝見さしていただいています。
また、お勧めの映画などございましたら紹介してくださいね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://movieblog.blog49.fc2.com/tb.php/13-61d9ebef

ワンコイン上映

「ALWAYS三丁目の夕日」ワーナーマイカル広島でやるんじゃとぉ日付は9月30日~10月13日までありがたや大スクリーンでまた観られるんじゃのぅ9周年広島サンクスウィークじゃげなそりゃぁやっぱし行くでしょう・・・ワタシ。時間を確認せんとな。夜は出られんのじゃ~昼

堀北真希の新CMがオンエア-「三丁目」山崎監督が撮影

昨年公開の映画「ALWAYS 三丁目の夕日」(山崎貴監督)で日本アカデミー賞新人俳優賞に輝いた女優、堀北真希(17)が、25日からオンエアされるロッテのチョコレート「エアーズ」の新CMで山崎監督と同映画以来となるタッグを組んだ。CM初挑戦の同監督だが、女

古きよき日本!~ALWAYS 3丁目の夕日~

去年から、ず~っと観たいと思っていた映画をやっとDVDで観ました。ALWAYS 3丁目の夕日 バップ ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版 昔見た、椎名誠さんの「白い手」を観たときにも思いましたが、このころの日本って本当に「古きよき時代」って感じ。

ALWAYS 三丁目の夕日

 製作 2005年  監督 山崎貴  出演 吉岡秀隆 、堤真一 、小雪 、堀北真希 、三浦友和 リバイバルチケット頂いたので見てきました結構気になってたんだけど。。。想像以上に良かったです y(^ー^)y昭和33

拓郎ワールド、映画に

ここのところ、「記憶に残る」人物にスポットをあて、ドラマ化を企画するケースが目立ちますが(夏目雅子、等々)拓郎ワールドを「映画にする」って発想に、思わず膝ポン! 「…目をつけどころが、グー…」と感心してしまったのでした。だって、昨年度の「ALWAYS 三丁目の

「ALWAYS 三丁目の夕日」 DVD鑑賞

やっと観ることが出来ました。

ALWAYS 三丁目の夕日 / THE 有頂天ホテル / ピンポン

邦画DVDをいくつか観ました。

『フラガール』

土曜の会社帰りにさいたま新都心の映画館にて鑑賞。数日前まで観るつもりなかったのだが、信じられないぐらい良い評判ばかりだったので観る事にしたのだ。『Always 三丁目の夕日』も『スウィングガールズ』もさほど期待しないで行ったにも関わらず、劇場を後にした時には、

ALWAYS 三丁目の夕日

【ALWAYS 三丁目の夕日】 ★★★★ DVD ストーリー 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文(堤 真一)が営む自動車修

ALWAYS 三丁目の夕日

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版昭和33年、東京タワーが完成する年。東京の下町・夕日町の1年を描くドラマ。春、鈴木オート青森から集団就職してきた女の子・六子ことろくちゃん。自分が勤めるのは大きな会社だと夢見てきてガッカリ。向かいの駄菓子屋の店主・茶川は売れない

ALWAYS 三丁目の夕日 | 山崎貴

号泣したとメールで知らせてくれたAちゃんには申し訳ないんだけど、おいらは『ALWAYS 三丁目の夕日』では泣けなかったよ。いい映画なんだけど、ただそれだけというか・・。鈴木オートのところも、文学のところもよくあるエピソードで、集団就職とくりゃこういうことだろう、

ALWAYS 三丁目の夕日 を観て

久々のビデオのお話になりますが、ビデオショップの100円レンタルで、これを観てみましたので、そのご報告を・・・。 自分的には小雪の指輪のシーンが印象的で、ほどほどに面白かったです。 この映画、あちこちで高評価ですが、今がそれだけ殺伐とした時代だということなの

Busy Bee

発表会を控えている人にとっては怒涛の3連休。終わりましたね~☆連休、といっても私は普通に授業があるのでプラスアルファでやることがたくさんでした。忙しかった~催促されまくっていた「三丁目の夕日」のスクリプトが とうとう金曜日に完成!がんばって台本チェックし

『ALWAYS~三丁目の夕日』

映画『ALWAYS~三丁目の夕日』のDVDを見た。笑いあり涙ありの、評判に違わ

ALWAYS三丁目の夕日応援委員会

ALWAYS三丁目の夕日応援委員会(http://www.geocities.jp/always3chome/)委員長です。私はALWAYS三丁目の夕日の大ファンで、この映画にすっかり心の洗濯をさせてもらいました。そのお礼に同映画の応援サイトを運営しております。またDVD発売後一ヶ月が過ぎましたが、DVDで

ALWAYS 三丁目の夕日 (DVD)

 旧作になってもなかなか人気でいつもレンタル中だった「ALWAYS 三丁目の夕日」。たまたま店員が棚に戻してたので、戻した瞬間に奪ってきました(笑 素直に見れると面白いよね。まぁなんかイチャモンつけようと思えば幾らでも出てきそうだけど、そんな必要は無しだよね。素

ALWAYS 三丁目の夕日

しばらく書かないうちに9月になっていた・・・。色々あったような気もするんだけど忘れちゃったので、最近見たDVDのお話。ALWAYS 三丁目の夕日 通常版これ、これ。映画館で見たいと思ってるうちに気付けばDVDが発売。最近になってようやくレンタルしてきて見ることが

小日向文世

小日向文世小日向 文世(こひなた ふみよ、1954年1月23日 - )は日本の俳優。北海道三笠市出身。東京写真専門学校(現・東京ビジュアルアーツ)卒業。来歴・人物卒業後中村雅俊の付き人をしつつ演劇の道を目指し、1977年、串田和美が主宰する「オンシアタ

 | HOME | 

Calendar

07 « 2017/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

彩雲

Author:彩雲

ようこそ!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。